NEWS

2019-11-22 06:25:45
YNFA U-12 Sクラス在籍(特待生) 【千村仁之輔選手 セレクションレポート】 

現在6年生である千村仁之輔選手の来年度の進路が決まり、本人のコメントを基にしたレポートが届きましたのでご紹介致します。

 

Q:ジュニアユースのセレクションを終えての感想は?

A:ホッとした・・・決まってうれしかった・・・色んな事を考えなくちゃいけなかったので大変でした。

 

Q:「いろんな事を考える」ってどんなこと?

A :最初あんまり、ジュニアユースの事が分ってなくて、「中学生でもサッカーをやれる所がジュニアユース!」ぐらいにしか考えていなかった。

 

Q:なぜそれが「いろんな考える」ことになったの?

A:  セレクションを受けることは、チームを選んで自分のやりたいサッカーを選ぶことにもなる事だった、自分のやりたいことを考えるいい機会になった。

来年度からお世話になる「SC相模原ジュニアユース」のセレクション前は、試合の動画をインターネットで観たり、トップチームの試合を観に行ったり、体験サッカー教室に行って、自分に合ったサッカー?なのかを観て体験して色々と考えた。

幾つかのチームから誘っては貰えたんだけど、どこが「やりたいサッカーかな?」って凄く色々と考えた結果「SC相模原ジュニアユース」になった。

Q:「やりたいサッカー」ってどんなサッカー?

A: 今思うのは、海外でも通用するサッカーをやりたいと思ってて。

いつから海外挑戦できるかは分からないけど・・・J下部のジュニアユースを選んだのもそのためだし・・・

YNFAで習ったことは海外挑戦をするのに必要なことだと思うから頑張っているし・・

あっ!でも一番は「楽しくて勝つサッカー」がやりたいです。

 

Q:「楽しくて勝つサッカー」ってどんなサッカー?

A: 僕は負けるのが嫌いなのと・・・

楽しくサッカーがやれてない時は、自分でも「下手だな~~」って思う時で!楽しい時は、いつも勝つときだから。

「楽しくて勝つサッカー」がしたいです。

 

 

Q:それは・・・YNFAで習った事?

A: そうかも・・・楽しくて勝つサッカーは長友選手のイメージだし!

凄く努力して、「絶対勝つっ!」て思っていて、そしてサッカーを楽しむ事を忘れない選手が長友選手で!それが僕がやりたいサッカーです。

 

Q:YNFAで習ったことがなぜ海外挑戦になるの?

YNFAで教わってる「判断の順序」や「判断のスピード」あと「認知」とかの頭を使うサッカーは、出来ると凄く面白くて!

YNFAで、教えてもらった事で一番自分の力になった事だったと思う。

スペインでの大会やU12ワールドチャレンジとかで、外国のチームと試合しても、一番役に立ったことだった。

どこの国の選手でも上手い選手は、「判断」とか「認知」をすごく早いスピードで普通にやってるから・・・それができる事が、海外挑戦するのに必要な事だと思う。

自分でもいつも意識するようにしている。

 

Q:具体的に言うと?

A: えっと・・・一番わかりやすいのは「首振り」だと思う・・・

海外のチームだとみんな当たり前にやってて、日本の上手い選手もやってるけど・・・頭を振ってるだけじゃ駄目で・・・「何を見るか?」とか「なんで見るか?」「どの順番で見るか?」を考えて「判断のスピード」を早くする事が大切で・・・僕はYNFAで教えてもらえた事が、色んなところでのプレーの助けになっている。

たぶん、セレクションでも、「判断のスピード」とかは評価されていると思う。

 

Q:ジュニアユースでやりたいことは?

A: 早くチームに貢献できる選手になりたいのと、もっとうまくなりたいです!

SC相模原ジュニアユースのコンセプト「ハードワーク」も将来のために絶対必要な

ことだから、そこでも一番を目指します。

 

Q:卒業まで残り半年、YNFAでやりたいことは?

長友選手に1対1で勝ちたいです!

 

YNFA横浜校特待生でもある仁之輔くん。YNFA入会時から高い意識を持ちプレーを続け、二度のスペイン遠征も経験しました。みんなの模範となる選手としてYNFAを巣立った後も「世界に通用する選手」を目指して頑張って欲しいですね。今後の活躍に大いに期待しています!!

みんなも仁之輔君の背中を追いかけ追い越せるように日々のトレーニングから頑張りましょう!!

トップページへ戻る