NEWS

2018-12-22 13:26:20
YNFA Winter short Camp 2018〜清水遠征〜【1日目】

YNFA Winter short Camp 2018〜清水遠征〜【1日目】

 

今遠征はYNFA在籍選手はもちろん、夏のYNFA Campの参加選手を融合したチーム編成で催行しました。清水ナショナルトレーニングセンター(J-step)へ移動しての1日目は、地元強豪チームのVivace FCさんとの強化試合でした。

 

U-9【担当・杉本聖和コーチ】

 

● 2-3(2-1・0-2)
○ 10-2(4-1・6-1)
○ 7-2(5-0・2-2)

 

※全て15分ハーフ

 

初戦は立ち上がりに幸先よく先制するも、徐々に相手のペースに合わせた戦いをしてしまい2-3で逆転負けを喫したものの、2試合目は外部生とアカデミー生の連携も改善され、大量得点で10-2と勝利することができました。
3試合目も多くの得点を取ることができましたが、軽率なプレーから失点を喫してしまうシーンが見られました。

全体を通して、自分のポジションと役割を理解しプレーすることが十分にできていない印象があります。攻守両面において、周りの状況を把握してどこにいるべきなのかを理解しプレーすることが求められます。加えて、ボール保持者の状況を見てどのようなサポートが必要かを素早く判断することが必要です。
今日出た反省を活かし、明日の強化試合ではより良い結果と内容を得られるように全力で挑みます。

 

U-11【担当・飯島一雄コーチ】

 

● 0-4(0-3・0-1)
○ 3-2(2-0・1-2)
○ 2-1(2-1・0-0)

 

※全て15分ハーフ

 

前回の強化試合に引き続き、落ち着かないまま試合に入ってしまいました。相手の前線からのプレスを回避できず、状況も認知できず試合を進めてしまったことが大きな課題でした。
しかし2試合目からは相手のシステム、プレスの方法を理解し、サポートを行いながら相手の状況を認識し空いたスペースを使うことに成功しました。YNFA外の選手が入った中で全選手が共通理解を持ってプレーすることができたことは素晴らしかったです。
課題は試合の入り方で、規律をもって試合に入ることが課題だと感じました。

 

強化試合後は早速、トレーニングで課題を修正し、夜のミーティングでは共通理解を深め攻守においてやるべきことを整理しました。
また入浴時の靴の並び、食事のマナーなど人間的な向上も大きな収穫となりました。短期間で逞しくかつ紳士的に成長していくアカデミー生。明日の2日目も非常に楽しみです。

 

トップページへ戻る