METHOD

– 強化メソッド –

– 選手の「個」を徹底的に育てる –

私たちYUTO NAGATOMO FOOTBALL ACADEMYでは選手が最大限成長できるための育成を行います。「世界で通用する選手を育成する」をテーマに1vs1を軸とした、世界で活躍するために必要な能力・スキルを独自のYNFA強化メソッドで伸ばしていきます。

– YNFAメソッド –

年間を通して世界で通用する選手・人材を育てるための強化メソッドです。世界を舞台に活躍するためには「個」の強さが絶対的です。YNFAでは突き抜けた長所を育てるための育成方針を持ち、その選手の特徴をリスペクトしています。

  • PLAYER SKILL

    -選手としての育成-

    以下の項目を中心にピッチ内の選手としてのスキルを育成します。1vs1の強化をシーズンを通して徹底的に行い、アグレッシブな選手を育てます。

  • PERSONALITY SKILL

    -人間としての育成-

    世界を舞台に活躍する選手・人材は人間としてのトップレベルです。YFNAでは選手の前に一人の人間として正しい行動ができる素晴らしい人間になれるよう教育します。


-1vs1強化メソッド-

YNFAの最も強化を心がけているテーマが「1vs1」の強さです。世界を舞台に活躍するためには組織プレーの中での戦術理解度と同様に、「個」の力=1vs1の局面での強さは非常に大切です。守備時の1vs1、攻撃の1vs1はYNFAでは徹底的に育成を行います。

– 年間カリキュラム –

年間で長期的に構成された選手育成

YNFAの4つのPLAYER SKILLの項目を年間を通して習得させるようなカリキュラムを構成しています。育成年代で最も重要なことは選手の「形成」です。レベルによってトレーニング強度を調節し、同じ目的、選手が成長できる内容・コンテンツを導入しています。

カリキュラム 表

– YNFAの差別化カリキュラム –

POINT①:
「徹底的な反復×成長を意図した育成メソッド」

毎回のトレーニングは技術・戦術・フィジカル・メンタルの4項目を入れたテーマで構成されています。育成年代で選手を形成するために最も重要とされるのは「反復」です。年間を通してそれぞれのテーマを反復=フィードバックできるようなカリキュラムをYNFAでは構成しています。

POINT②:
「各クラス成長するための負荷・強度を設定」

全クラス同じ目的・テーマで毎回トレーニングを行いますが選手の成長を図るため、各レベルによりトレーニングの負荷を調整します。1回のトレーニング最大限選手が成長できるような強度を設定します。

POINT③:
「試合で習得したスキルを応用=GAME DAYの実施」

毎回のテーマのトレーニングを応用できる環境を提供するため2ヶ月に1回試合のみ行う日=GAME DAYをカリキュラムに取り組んでいます。自分の成長を確かめる場、応用できる場、同時にチャレンジする場をYNFAでは提供します。

– 指導方法 –

「個性」を引き出す育成方法

YNFAでは選手ひとりひとりの特徴・個性を引き出すため選手の意見を尊重し、自ら自発的に考えさせる習慣をつけるよう心がけています。カリキュラムの計画から逆算し、毎回のトレーニングで分析を行い、次のトレーニングでさらなる質の高いトレーニングを可能にするための改善策を見つけ出します。質の高くなってきた選手に対してはインテンシティ(強度)があるトレーニングを行います。

PDCAサイクルを徹底した指導

年間のプログラム、毎回のトレーニングは全てPDCAサイクルにより育成します。事前にプランニング (Plan:計画)を行い、それに基づきトレーニングを実施(Do:実施)します。実施中は選手たちのリアク ション・反応を分析(Check:検証)し選手の修正(Action:次の行動へ)を行います。

質問式の指導

上記のPDCAサイクルコーチング法を行うと同時に各修正ポイントでは選手への質問形式でのトレーニング を行います。選手の考えをリスペクトすると同時によりクリエイティブで創造性ある選手を輩出することが 目的です。

インテンシティ(強度)ある指導

各年代により異なりますが各項目スキルを習得しているレベルのクラスに対してはスペース・人数を調節しインテ ンシティ(強度)を入れたトレーニングを行います。速いプレス・アグレッシブなディフェンスの刺激、その中でも早 い判断・技術を出せるように毎回のトレーニングで行います。

選手の成長を分析し次のレベルを導入